So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

いまさらと言わず『NANA』について [つれづれなるままに]

ときどきTSUTAYAに漫画を借りに行くんです。
昔は漫画少女でしたが、大人になってあまり読まなくなっていたんですが。
夫が好きなこともあって、一緒にまた読むようになってきました。

子供のころ「りぼん」派で。
最近急に映画化されてましたが、『ママレード・ボーイ』や
『ときめきトゥナイト』がまさに私の時代。
なかでも、大好きな漫画家さんの一人が矢沢あい先生。
彼女の描く手やうしろ姿(うなじ!)の繊細なこと。子供心に憧れてました。
当時私が見てたのは『マリンブルーの風に抱かれて』や『天使なんかじゃない』。

その後「りぼん」を卒業してからは、少年漫画に行ってしまいまして。
『NANA』は映画にもなったし、なんとなくは知ってたけど読むにはいたらず。
(正確には『NANA』は「りぼん」ではなく「Cookie」連載だそう)
そして今、TSUTAYAで見つけて、ふと手に取ってみたのです。

そうそう!この感じ!
とばかりにドハマりして、もう一気読みです。
すると、なんということでしょう!
え?!えーーーーーーーーー?!
衝撃の展開。そして、その続きが出ていないという事実。
それを私はまったく知らないままでした。

わけがわからずググったところ、
作者病気のため休載とのこと。。。(涙)
そのまま10年近くの歳月が流れようとしています。
とにかく、いろんなことがまだまだ気になったまま。
内容については、人によってかなり好き嫌いがある漫画のようですが。
実際、自分としても共感という意味では
どっちのナナのことも理解できません。
だからこそ、次にどうなるか読めず、気になって仕方ないのかも。
自分の知らない世界を生きてる子たちを垣間見て、
いろんな感情を揺さぶられまくるような。




『NANA』を読む前に、去年、久々に矢沢あい先生の作品を見たのは、
MステでJUJUさんが歌う『いいわけ』という楽曲とコラボしたイラストです。
この曲のために書き下ろしたとのこと。
これを見たときに、なんだか懐かしい気持ちになって、
『NANA』を手に取るきっかけにもなったような気がします。
JUJU×矢沢あいというのも、妙にしっくりきますね。

先日発売された、りぼんの付録をまとめたムックの表紙を
書き下ろしたという情報も見かけたし、
少しずつお仕事を再開している様子もうかがいつつ。。。
usanana.jpg
矢沢あい先生!
22巻、気長に待ってます!
お体たいせつに!!





スポンサードリンク


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。